安田准教授執筆の5GとIoTのエッジコンピューティング関連記事が掲載

 インプレス社のスマートグリッドフォーラムのサイトで、5GとIoTのエッジコンピューティングに関する安田豊准教授の記事「5G時代に実現されるエッジ・コンピューティングとIoTシステム」が2018年8月1日付で掲載されました。
 記事中では、CES2018での基調パネル講演で展開された5Gの低遅延の話、またその低遅延に必要と考えられるエッジ・クラウドに関してONC2018での話に触れ、SDN(Software Defined Network)での最適化の重要性について述べています。そして、GEやAT&T、Microsoft、Qualcommなどハードウェア・ソフトウェア含めての企業の動向と共に、5GとIoTの動向についても触れています。通信インフラの進化がもたらすIoTやコンテンツの今後の動向に関する記事として、ぜひお読み下さい。


This entry was posted in Hardware, Media, Network, Software. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *