Author Archives: iseinfoadmin

学内でハードウェアに関する作品・研究展示を行いました!

2022年6月6日(月)および6月7日(火)に、本学部の学生VR作品、および研究室にて研究目的で作成しているハードウェア類について、学内展示および体験してもらうイベントを企画し、展示を実施しました。情報理工学部と聞けば、ソフトウェアやアプリなどのことをイメージする方が多いと思われるなか、ハードウェアに関連することも教育研究として扱っており、学生の自主製作としても、研究としても行っていることを学内で知ってもらう機会となりました。

Posted in Digital Content, Fabrication, Hardware, Research, Software | Leave a comment

本学部からMaker Meeting for Maker Fair Kyoto 2022に出展

去る2022年4月30日(土)に、けいはんなイノベーションセンター(KICK)にて、オライリー社主催のモノづくり展示イベント Maker Meeting for Maker Fair Kyoto 2022 が開催されました。ただし、今年はコロナ禍の事情により、従来のMaker Fair Kyotoを縮小した形で、こどもワークショップと出展者どうしの交流とを中心とした、クローズドな場としての開催でした。その場に本学部からは、ファブスペースと平#研究室の2組が出展しました。

Posted in Events, Fabrication, Hardware, Research | Leave a comment

情報理工学部の学生がフランスで開催されたLaval Virtual 2022においてThe ReVolution #Research Awardを受賞!

2022年4月12-14日にフランス共和国ラバル市で開催されたLaval Virtual 2022において、情報理工学部の4年次生の西本和貴さんと3年次生の荒木稜雅さん、杉谷昂亮さんによるチームHMP(日本語チーム名:人類山化委員会)が製作した手への温度感覚と触覚提示を用いたVR体験作品『The Human Mountainification Project』(人類山化計画)が、The ReVolution #Research Awardを見事受賞しました。

Posted in Award, Digital Content, Events, Fabrication, Hardware | Leave a comment

安田准教授の講演内容が河合塾のサイトで掲載!

2022年3月に開催された情報処理学会 第84回全国大会にて行われたイベント企画「情報入試ー共通テストと個別試験」で、安田准教授が「情報入試 – AO入試での例」と題して講演を行いました。そのイベント全体(安田准教授の講演内容含む)が、河合塾のサイトで記事として掲載されました。

Posted in Entrance Examination, Events, Media | Leave a comment

情報理工学部の学生がDEIM2022で学生プレゼンテーション賞を受賞!

第14回 データ工学と情報マネジメントに関するフォーラムDEIM Forum 2022(第20回日本データベース学会年次大会)が、2022年2月27日(日)~3月2日(水)の日程で、オンライン開催されました。そこで、情報理工学部4年次生の奥井優太さん(宮森研究室)の研究発表が、学生プレゼンテーション賞を受賞しました。

Posted in Award, Research | Leave a comment