情報理工学部および先端情報学研究科の学生が情報処理学会第83回全国大会で学生奨励賞を受賞

 情報処理学会第83回全国大会が、2021年3月18日(木)~20日(土)の日程で、オンライン開催されました。その中で研究発表した、安達駿太君(情報理工学部3年次・中島研究室所属)、工藤央一郎君(先端情報学研究科2年次・平井研究室所属)の2名が、それぞれの発表で学生奨励賞を受賞しました。(写真はM2工藤君のオンライン発表時の様子)

それぞれの発表論文は以下の通りです。

発表論文 Progression型ゲーミフィケーションがユーザモチベーションに与える影響
論文著者 安達駿太,鈴木健太(京産大),パノット シリアーラヤ(京都工繊大),中島伸介(京産大)
発表論文 揚げ物調理支援のための画像による油中食材の追跡
論文著者 工藤央一郎,平井重行(京産大)


This entry was posted in Award, Research. Bookmark the permalink.