オープンキャンパス2016 (6月12日)

学部公開資料 [PDF 4.0MB]

学部公開資料
[PDF 4.0MB]

 コンピュータ理工学部では、研究室公開や模擬授業などを数多く行い、様々な受験生や外部の方々にご興味を持ってもらえるようにしています。普段、なかなか見ることがない大学の研究室や施設、コンピュータ理工学部で行われている最先端の研究や模擬授業に触れて下さい。なお、各種説明会やイベント、研究室・模擬授業が常に公開されるわけではありませんので、特定分野や内容に興味のある方はあらかじめスケジュールをご覧のうえで来場・参加されることをお勧めします。

[公開内容] [スケジュール] [公開場所] [AO入試説明会] [学生LightningTalk]


 

公開内容(研究室公開、模擬授業など)

 以下の各公開内容のリンクは、学部公開資料PDFの公開内容を個別に抜き出したものです。

実験住宅ΞHome内1 実験住宅ΞHome内2 医用画像処理 プロジェクト演習 コンピュータの設計検証 ネットワークの裏側

公開詳細スケジュール

 6月12日の各公開内容の開始時間などがわかるスケジュール表です。大学へ来て頂ければ資料は配付されますが、興味ある分野や是非見たいものがある方は、あらかじめ詳細スケジュールをご確認のうえご来場下さい。
TimeTable


公開場所:14号館・第2実験室棟

14号館への道順
コンピュータ理工学部
(14号館・第2実験室棟)

※学部総合インフォーメーション:
 14号館1Fエントランスロビー


AO入試説明会について

 コンピュータ理工学部ではこれまで、実践的に何か作り出す(通常の筆記試験では問えない)能力を見る「作品提出型」(コンピュータに関連する作品応募)という形式のAO入試を行ってきています。そして、これでAO入学した学生の在学中の活躍や、卒業後の社会での活躍は目覚ましいものがあることから、この「作品提出型」AO入試を非常に重要視しています。作品は、ハードウェアからソフトウェア、コンテンツに至るまで、その内容・分野を見るとかなり幅広い範囲のものが応募されており、合格・入学した人の作品のバラエティも富んでいます。AO入学者の過去応募作品例、および作品の評価ポイントの情報は公開していますので、この「作品提出型」で出願を検討している方は是非参考にして下さい。
 また一方で、昨年からは「情報科目試験型」と呼ぶ筆記試験型のAO入試も始めました!これは、人に見せるような作品を作ってはいないものの、コンピュータや情報分野に関する深い知識を持っていたり、プログラミングを含む専門分野に関連する深い能力を持っている方を対象とした、筆記試験と面接試験を課す入試です。
 AO入試説明会では、これら「作品提出型」と「情報科目試験型」の両方のAO入試について、学部教員から説明を行います。「作品提出型」については、AO入学した本学部在学生による作品制作の体験談などを聞くことができ、在学生に直接に具体的な質問をするチャンスです。また「情報科目試験型」についても、昨年の筆記試験を受けて入学した学生の話を聞くことができます。既に昨年の筆記試験の問題や事前に公開したサンプル問題は提供していますが、それらの形式や内容、および回答についてなど、何かしら質問があれば直接この説明会にお越しのうえ、ご質問などして下さい。学部教員およびAO入学生達が可能な限りお応えします。本学部への受験を検討されている方は、高校3年生だけに限らず、高校1, 2年生の方でも、AO入試説明会へお越し下さい。
AO入試説明会の様子 AO入学生の説明


学部企画:学生LightningTalk
「自分にも喋らせて!」(15:10-16:00、14102教室)

 IT業界には、LightningTalk (略称LT)という、ショートスピーチを行う文化があり、世界中で行われています。そして、コンピュータ理工学部では、月に1度「学生LT」を開催して、 学生達が大勢の前で何らかの話題で喋っています。今回のオープンキャンパスでは、学部企画として4人の在学生達がそれぞれの経験や普段の活動を、LTの形式に則って、5分間ずつでおもしろおかしく紹介します。是非学生達の話を聞きに来て下さい!
LightningTalk

予定のLightningTalk(仮題)
  • 入学後にゼロから頑張ってプログラミングを勉強中(平岡・2年次生)
  • 女子でもこんな活動してますよ(森長・2年次生)
  • 米国見て刺激受けてインターンなど外向いてます(村松・4年次生)
  • 自分達でプログラミングコンテスト開催してます(今江・大学院2年次生)